新車の値引き交渉術

新車を購入するときにできれば安く買いたいものですが、相手の商売ですのでなかなか安くはしてくれません。

車を安く買うには車両価格の値引きを狙うのが一番でそれを引き出すのはディーラーの営業マンと自分との駆け引きによるところが多いのです。

ここ最近はディーラーに行って「○○という車をください」といってだけでそれなりに値引きをした形で見積もりを出してくれます。

一昔前の人気車種のように「値引きを求めるのならほかに行ってください」という強気なディーラーは今の販売不振が続く自動車界においてはほぼなくなりました。

そこで更なる値引き額を引き出すわけですが、単に「もっと安くしてください」と行っても「できません」の一点張りとなるのでここはテクニックを使います。

まずは買おうとしている車のライバルとなる車を調べておいて、その車を引き合いに出して交渉することです。

特に人気車種として台頭している2台の車があるときなどは非常に効果的で簡単にプラス10万円以上の値引き額を引き出すことができます。

それから同じ車でもほかのディーラーを引き合いに出す方法があります。

そのためにはあらかじめほかのディーラーに行って見積もりを出してもらいある程度の金額を把握しなければなりませんが、それはそれで買う範囲が広がったということでどちらか安い方で買えばいいのです。

ただここで気を付けなければならないのが決してその見積額を言わないこと、それを言ってしまうとその金額に合わせた値引き額しか出してこないので、そこはうまく濁らせておきましょう。

あと、よく使うのは下取り車がある場合にその下取り金額を高くして、結果的に全体を安くする方法ですが、これはあまりお勧めできません。

この方法は営業マンがこれ以上値引きできないとき使う逃げの一手であって、それをこちらから言うのは値引き交渉をあきらめたことと同じですので、もし営業マンが下取り金額を言い出したら、「値引きは値引き、下取りは下取り」とはっきり言ってあげましょう。

あとは時期的なものを引き合いに出すのも有効です。

例えば、モデルチェンジが近いとかマイナーチェンジが行われる予定があるときは高い値引き額を引き出すことができます。

ただ、全体において気を付けてもらいたいのがあまり無理強いをしないということ、相手も商売でやっているので利益を圧迫するほど無理な値引きを求めないことです。