オプションについて(カーナビ、ETC等)

最近の自動車というのは何でもかんでも最初からついているものですが、せっかくマイカーを買ったのですから自分なりの車にしたいものです。

そこで手軽に自分好みの車に仕立てることができるのがオプションといわれるものです。

オプションはその車専用に自動車メーカーが作ったものでフィッティングやデザイン的なものはばっちりでとってつけたような感じにならないのが大きなメリットです。

逆に同じものでも市販品と比べると価格が高いのがデメリットなのですが、オプション品は全て自動車メーカーの補償が付いているのです、その補償料として考えればそれほど高くは感じないでしょう。

オプションには2つの種類があります。

一つはメーカーオプションというものです。

これは自動車メーカーが車を生産するときでなければ取り付けることができないもので、基本的に大規模なオプション品であることが多くなっています。

例えば、専用の配線を使ってのAVシステムやスピーカーシステム、走行性能にかかわる足回りパーツやLSDなど、後付ができないもの、できてもかなり手間がかかるものがメーカーオプションとなることが多くなっています。

対して、汎用配線を使ってつけられるカーナビやAVシステム、今や必需品のETC、ドレスアップパーツやユーティリティグッズなど後付けが簡単にできるものがディーラーオプションというもので取り付け作業も車がディーラーに到着し次第、ディーラーで行うことになります。

簡単にいえば大規模なものがメーカーオプション、アクセサリー的なものがディーラーオプションということになります。