自動車保険について

日本の法律では原動機付自転車以上の車両を購入した時に必ず自動車損害賠償責任保険、いわゆる自賠責保険に加入しなければなりません。アルファードの維持費は年間いくら>>

これによって何かあった時に相手に対する補償を確保しているわけですが、この自賠責で賄うことができる範囲は非常に狭く、補償金額もあまり現実的なものではありません。ヴェルファイアの維持費について>>

当然支払い義務が生まれた時はこの自賠責保険で足りない分は自腹を切らなければならなくなりますので、その部分に対する新たな保険が必要となるのです。

それが通称、任意保険と呼ぶ自動車保険です。

自賠責保険を強制保険などと呼ぶのに対して、任意で加入するから任意保険というのですが、自動車を運転するのであれば、この任意保険も必ず加入することをお勧めします。

任意保険の基本となるのが「対人保険」と「対物保険」です。

事故などを起こした時に相手の車に乗っていた人間にけがを負わせてしまった、死亡させてしまったなどといった時に補償してくれるのが対人保険、相手の車やものを壊してしまったりしたときに補償してくれるのが対物保険というもので、どちらも何千万円という補償限度が設定されたものと上限なしの無制限があります。

この2つの保険に関してはどちらも無制限をお勧めします。

それから今度は自分に対する保険にも加入しておきたいものです。

運転手や同乗者の死亡や怪我などを補償する人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車体の損壊などを補償する車両保険などがあります。

人身傷害や搭乗者傷害などは対人対物とセットになっていることが多いので、ほとんどの方が加入していると思いますが、車両保険は保険料がかなり高くなるのでこれは人それぞれとなっています。

それと見逃してはいけないのが特約というもので、補助的な保険として機能しており、原付バイクを同時に補償してくれるものや新車購入の時に特別な補償制度を持たせるもの、示談がこじれた時の弁護士費用を補償するものなどいろいろなものがあります。

できればできるだけたくさんの保険に加入した方が安心といえば安心なのですが、それだけ保険料が高くなってしまうので必要なものだけを選んで加入することとなります。

自動車保険には代理店を通したものとインターネットで申し込むものがありますが、加入手続きが少し面倒くさくなりますが、保険料の安いインターネットで手続きを行う通販型の方がいいでしょう。