自動車ローンについて

自動車を自分の車として手に入れるためには買うためにお金が必要です。

しかし、軽自動車でも100万円以上、外国産車では2000万円以上も払わなければならないので、それなりのまとまった金額が必要です。

しかし、世の中でそういったまとまったお金を持っている方は少なく持っていたとしても「もしも」の時のために貯めておきたいものです。エクストレイル 査定相場

そういった時に役に立つのが自動車ローンです。

自動車ローンはローン会社や銀行などから自動車取得費用を借りて、大体3年から5年という期間をかけて返済していくもので、購入した車を担保とするためその買った車の名義はローン会社や銀行となります。

それによって実際に車を購入した方は登録上は使用者ということになります。

それによって車検証を見れば、その車を現金で買ったのかローンを使って買ったのかが一目瞭然となります。

自動車ローンにはファイナンス系と銀行系という2つの種類があります。

ディーラーなどで扱っているのがファイナンス系と呼ばれるもので大手ローン会社が行っています。

この自動車ローンは審査はおりやすいのですが、金利が高めで毎月支払う金額が若干高くなります。

そしてもう一つの自動車ローンとなるのは銀行系と呼ばれるもので、こちらは安心と実績のある都市銀行や地方銀行、信用金庫、農協などが行っており、金利は低く、毎月の支払額が少なくて済むのですが、審査が厳しくなかなか利用することが難しいものとなっています。

理想は銀行系なのですが、審査が下りない場合はファイナンス系を利用するしかありません。